部屋

注文住宅でこだわりのお家が完成する|家族がHAPPYになる家

失敗から学ぶ

家

一生に一度の大きな買い物になるかもしれない横浜の一戸建て購入は、何かと慎重になる時です。例えば横浜の注文住宅ですが、今では横浜の住宅街で多く見かけるようになりました。横浜で開催されている住宅見学会では、休日になると多くの家族連れで賑わい、皆、想像をふくらませながら注文住宅を見学しています。理想通りの家ができる。このコンセプトで動いてくれる建築家たちは、理想のマイホームを作る上で欠かせない存在です。ただ、プランニングが劣ると、理想とは真逆の家になってしまうことも。また、あれもしたいこれもしたいと何でも詰め込み過ぎたことで、住みにくい家になってしまった話もあります。横浜で注文住宅を建てる場合は、どのような家にするかを重点に、必要な設備や部屋の数等、一つ一つ紙へ書き起こし、家族と相談をした上で構築する必要があります。そうすれば、注文住宅で失敗したなんてことはなくなるのです。

注文住宅で一番力を入れるところは、キッチンや水回りです。開放的な空間は、調理をする立場から非常に使い勝手が良い印象を受けます。ただ、キッチンの幅を広くしたことで、冷蔵庫や電子レンジといった家電が設置できなくなり、通路が狭くなった失敗事例があります。これもプランニングの時点で手を抜いた結果とした言いようがありません。他にも広めに設計したはずのリビングにテレビやテーブル、ソファーを入れると思った以上に窮屈な空間で、テレビとの距離が気になったり、リビングに設置した扉と収納がぶつかったりなど、家具を改めておいたことでミスに気付くことがあるようです。

Copyright© 2016 注文住宅でこだわりのお家が完成する|家族がHAPPYになる家 All Rights Reserved.